病院案内

院長ごあいさつ

院長写真

わが国の医療保険制度は、国民皆保険(すべての国民が公的な医療保険制度に加入し、いつでも必要な医療を受けることができる)と、フリーアクセス(どこの医療機関でも患者が自由に何度でも受診できる)を特徴としており、比較的少ない自己負担で医療サービスを提供できる制度であり、また生活環境の改善や食生活の向上により、高い保険医療水準を実現し、世界一の長寿国といわれるようになりました。
 しかし、一方では医療保険財政の逼迫・健康保険組合の財政破たん、公的や社会保険関係団体立の病院の約7割が赤字経営などの問題や、また、人口減少・少子高齢化が急速に進み、今後の医療は個々人が自らの健康について考え、なるべく病気にならずに健康を維持し、元気に明るく楽しく生活する。いわゆるQOL(クオリティーオブライフ)が重要になってくるのではないでしょうか。
 当院は地域の医療に特化し、今後も地域医療が混乱を来すことのないよう、地域の状況に応じた医療体制を基として、誰もが住み慣れた場所で安心して暮らすことができる社会づくりの一翼を担えるよう、これからも尽力してまいります。

医療法人弘智会
上山病院 院長 上山 健弘


診療について

外科・内科・消化器内科を中心に、地域医療に特化した治療を行っております。


医師

院長
上山 健弘 【京都大学医学部卒】
副院長
上山 庸弘 【京都大学医学部卒】
医師
豊田 真紀子【和歌山県立医科大学卒】
医師
上山 庸佑 【関西医科大学卒】
和歌山県立医大病院の医師
4名